お問合せ
研究開発室まで

TRIシステム資料pdfファイル

TRIシステム (金属樹脂間インサート接着技術)


金属表面処理とインサート成形を応用した金型内直接成形複合化技術

1.概 要

 TRI(トライ)システムは、電気化学的特殊金属表面処理(東亜電化特許取得済)とインサート成形を応用して、金属とプラスチックを直接複合化する画期的な技術です。

 通常のインサート成形品は、金属とプラスチックの間には化学的な結合(接着)がないために機械的強度がありませんでした。その上、金属とプラスチックの線膨張係数の違いから界面が剥離してしまい、封止性、気密性を望むコネクターや耐圧防水製品には使えませんでした。これに対し、TRIシステムにより作られた金属とプラスチックの複合体は、複合界面に下図のような化学結合を作るために熱収縮による隙間ができず、高い封止性や耐圧防水性が期待できます。その上、既存のインサート成形品では不可能であった新規な製品設計ができます。

2.トライ複合体の構造


3.特 徴

・複合界面は化学結合で出来ているため非常に強固です。

・接着剤を使わないので形状の制約を受けずに、細かな部品でも自由な設計が可能です。

・トライ拡散層は非常に薄く、優れた耐水性、耐油性、耐熱性を持っています。

・金属、プラスチックの素材はそのまま使用しますので、材料の固有物性を損ないません。