トーノ精密 沿革


昭和51年(1976) 4月12日 会社創立
昭和56年(1981) 5月 工場移転
(現在の工場敷地)
昭和58年(1983) 8月 金型工場増設
昭和59年(1984) 3月 成形工場増設
昭和61年(1986) 9月 西根町(現 八幡平市)に工場進出
西根工場稼動
昭和62年(1987) 6月 トーノ精密 生産情報システム稼動
昭和63年(1988) 7月 社団法人 日本能率協会入会
昭和63年(1988) 9月 5S活動開始
平成元年(1989) 1月 LAN導入 LIFELAN(LIFE-NET)サーバー80MB   端末5台
平成8年(1996) 12月 金型工場増築移転
MIM部門新設

MIM製造用真空焼結炉



新金型工場
平成9年(1997) 5月 イントラネット稼動 WEBサーバー稼働

PC-SERVER 4台 端末28台
平成11年(1999) 6月 ISO9002:1994
認証取得

平成12年(2000) 4月 組識変更 有限会社 トーノ精密から株式会社トーノ精密に組識を変更
西根工場は(株)ニュートンへと分社化
平成15年(2003) 7月 ISO9001:2000 へ移行
平成16年(2004) 4月 新生産情報システム稼働 クライアント22台で生産情報共有
(イントラネット更新 総端末35台)
平成16年(2004) 6月 プラスチック成形加工学会
第14回青木固技術賞 受賞
「トリアジンチオール成形接着技術を用いた電気二重層キャパシタ用高気密ケースカバーの開発」により受賞
平成21年(2009) 9月 ISO9001:2008 へ移行
平成22年(2010) 6月 エコアクション21 取得